インターナショナルスクールの卒業で日本の高卒資格が取れるのか?

最近、国内でも多くなってきたインターナショナルスクール。
すべて英語での生活になっているスクールがほとんどで、日本に居ながら海外にいるような教育を付ける事ができると人気の学校のひとつになっています。

 

しかし、そこで気になるのが、高卒資格です。
日本の大学や専門学校に進学をする際、高校の卒業資格が必要になってきます。
いくら、インターナショナルスクールでグローバルな教養を身に付けても、いざ大学などに進学を考えた際に、その資格がなければ意味がありません。

 

では、インターナショナルスクールを卒業しても、日本の高卒資格を取得することはできないのでしょうか?
それは、スクールによって違うようです。
文部科学省が高等学校相当として指定している学校であるか、そうでないかが重要になってくるのです。
なので、インターナショナルスクールを選ぶ際は、その事も重要視する必要があります。
スクールに直接問い合わせたり、また、文部科学省のHPなどでもスクールの一覧を見て確認する事もできます。
もし、心配であれば、それらの方法で確認した上で、インターナショナルスクールを選ぶと良いと思います。

 

しかし、通いたいインターナショナルスクールが文部科学省の認定を受けていなかった場合、どうすれば良いのか迷われる人もいると思います。
また、通学圏内に認定を受けているインターナショナルスクールがない人もいると思います。

 

そんな人が、インターナショナルスクール卒業後、大学や専門学校に進学を希望する場合は、インターナショナルスクール以外で、高卒資格を取得する必要があります。
その場合、一番早いのが高卒認定試験に合格することです。
年2回国が実施している試験で、これに合格すれば高卒資格を取得でき、大学や専門学校への進学ができるようになります。

 

インターナショナルスクールへの進学を考える際、その後の進路の事もしっかりと考え、スクール選びから考える必要があるのです。

 

 

更新履歴